2012年06月20日

交渉してみる

おまとめローン」を利用する前に現在の自分の抱えている状況、いくら借入をしているのか?金利はどのくらいか?今までちゃんと滞らずに支払いをしてきたか?もしかしたら、交渉次第では、金利を下げてくれる場合もあるかもしれません。
下げてくれた金利が「おまとめローン」を利用する場合よりも有利になれば、そういう場合は無理に「おまとめローン」にしなくても良いと思います。
交渉に応じてくれなかった業者分だけを「おまとめローン」にしてしまうのも一つの方法だといえるでしょう。
「おまとめローン」を利用している場合でも交渉はぜひ行いましょう。
最初の申し込みの時にいきなり金利を下げてくれとか言ってしまうのはあまり得策とは言えませんが、取引開始から一年も経つと金利や融資枠の見直しがされるようです。

その時に交渉をおこなってください。
無理だろう、と最初からあきらめないでください。
支払いも滞ることなく行なってきたのであれば、「ちゃんとしている人だ」と信用も得られて、交渉にすんなり応じてくれる場合もあるそうですよ。

優良な顧客は他に取られたくないですから、交渉に応じて引き止めるわけです。
長い付き合いになることは確実ですから、上手に付き合っていくことが大切です。


posted by nick at 12:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。